新生銀行カードローンレイク

新生銀行カードローンのレイクは、大手の消費者金融から銀行のカードローン事業の一つとして生まれ変わった唯一のカードローンです。いまだ消費者金融としてのイメージを持つ方が多いですが、総量規制対象外のれっきとした銀行カードローンとなります。

 

レイクの魅力はなんといってもはじめてであれば30日間無利息または5万円まで180日間無利息、という無利息サービスを選択できる点です。お金を借りるのであればできるだけ余計な利息は支払いたくはありませんし、無利息サービスを利用すれば期間によっては利息を全く支払わずにお金を借りることができます。短期間の借入を希望している方、また単発でカードローンを利用するという方におすすめです。

 

レイクの金利は他の銀行カードローンと比べると高く、年4.5%〜18.0%と大手消費者金融並みです。また即日振り込みが可能であり、平日14時までに手続きが完了した場合にはその日のうちにお金を借りることができます。レイクは銀行カードローンとなりましたが、金利や審査スピードなどサービス面に関してはいい面でも悪い面でも消費者金融の特徴を色濃く残しています。

 

レイクはまた、女性が安心して利用できるレディースレイクという女性専用サービスを提供しています。はじめてでわからないことがいろいろあるという方、審査に通るかどうか不安という方も、専任の女性スタッフが対応してくれる専用ダイヤルがありますので安心して利用することができます。パートやアルバイトで審査に通るか不安…という方も、こちらを利用するといいでしょう。

 

総量規制対象外の銀行カードローンということで、専業主婦が借りられるかどうかいう点についてですが、これは意外にも利用できないようなのです。というのも、レイクの公式サイトのよくある質問には、「主婦/主夫でも申し込みはできますか?」という質問があるのですが、それに対し「安定した収入のある方なら申し込みいただけます」という回答となっています。

 

つまり、レイクはパートやアルバイトなどとにかく安定した収入のある主婦でしたら利用可能ですが、本人に収入のない専業主婦の場合には利用できないということです。レイクは消費者金融時代の流れからか、どちらかというとハードルが低い印象の強いカードローンですが、専業主婦の利用は不可なのでその点は注意しましょう。
参照元:カードローンの口コミ・評判ランキング|カードローン評判

返済以外にかかるコスト、手数料

返済の仕組みを考えてみた後は、返済に関わるコストについて考えてみましょう。
元金の返済以外ということで考えるとそこには利息は当然あります。
利息は借り入れ金額が少なくなれば小さくなり、借り入れ日数が短くなれば利息は小さくなります、
考えているよりも利息を節約するための方法は多くあり、日数を短くすること、借り入れ金額を減らすこと、そしてそもそもの金利を下げることなどいくつか考えられる案はあります。
消費者金融では金利を下げることは難しい方法となりますが、銀行ならばそれほど難しいことではなくなります。

 

銀行は金利を融資限度額によって決めています。
例えば三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックの金利を見てみましょう。

 

500万円 4.6%〜5.1%
400万円超500万円未満 5.1%〜5.6%
300万円超400万円以下 5.6%〜6.1%
250万円超300万円以下 6.1%〜7.1%
200万円超250万円以下 7.1%〜8.1%
150万円超200万円以下 8.1%〜9.6%
100万円超150万円以下 10.6%〜11.6%
50万円超100万円以下 11.6%〜12.6%
10万円以上50万円以下 14.6%

 

融資限度額によって金利がはっきりと決められています。
50万円以下の融資限度額の時には14.6%の金利が適用されますが、融資限度額が上がれば金利を下げることができます。
融資限度額を上げることなど難しいと思われるかもしれませんがそんなことはありません。
増額によって融資限度額をあげることができます。
融資限度額いっぱいまで借り入れをしたときに新たな借り入れをするため増額をするだけではなく、金利を下げるために増額をするということも銀行ならできます。

 

増額をするためには新たに審査が行われ、契約限度額を変更することとなります。
新規申し込み時に行われた契約で決められた金額を、変更することになりますので新しく審査をし、契約書を書き直すという作業です。
増額については改めて詳しく後述いたします。

 

増額をして金利を下げ利息を小さくする、これは返済額に直接かかわる方法です。
時間がかかり手間もかかりますが、利息を決めるための基本となる金利を直接下げることとなりますので結果としては相当に有効な手段となっています。

 

毎月気を配ることができる方法もあります。
それが返済をするために発生する手数料です。

 

返済をするためにはATMを利用すると自社ATMでもない限りATM利用手数料が発生します。
銀行振込による返済があれば金融機関指定の振込手数料も加算されることとなります。
インターネットバンキングからの返済でも振込手数料はかかります。
返済に手数料がかからない方法は、自社ATMからの返済、そして口座からの自動引き落としだけとなっています。

 

返済に手数料がかからない方法を考えましょう。
低金利の銀行を選んだからには手数料がかかってしまえば結果として金利を低くした意味がなくなります。

 

返済の方法はどこでも複数用意しています。
消費者金融の場合には口座引き落としからATM返済、インターネット返済など多くの方法を用意しています。
銀行では残念ながら数多くの返済方法とはいえません。
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックでも返済方法はわずかに2つです。
・自動支払い
・ATM返済
これだけとなっています。

 

自動支払いとは口座からの引き落としによる返済となっています。
ATM返済は、三菱東京UFJ銀行ATMと提携ATMからの返済となります。
ポイントとなるのは「提携ATMの利用手数料はいくらなのか」ということです。
返済に関わる手数料を考えるためには自社ATMと自動引き落とし以外の返済ではどのくらいのコストがかかるのかを見つける必要があります。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックでは自動支払い、三菱東京UFJ銀行ATM、提携ATM、全ての返済に関わる手数料は無料となっています。
通常の金融機関では提携ATMの利用には手数料がかかります。
その金融機関に支払う手数料ではなく提携先のATMを利用することによって提携先ATMに対して支払う手数料です。
通常はそれを変えることはできません。
提携ATMとしてコンビニATMがありますがATM利用手数料は1万円以下の取り扱いでは108円、1万円超の取り扱いでは216円がかかります。

 

小さな金額で負担になるものではないと思われるかもしれませんが、実際には少額キャッシングの時の利息はこれ以下です。
利息よりも手数料が上回ってしまうということにもなりかねません。
返済に関わるコストを節約していきましょう。
支払わなくても済む金額です。
手数料がかかる返済方法と手数料がかからない返済方法があります。
それなら手数料がかからない返済方法を選択していきましょう。